家庭排水について考えてみた|д゚)チラッ

日本は、水に恵まれた国です。

蛇口をひねると、すぐ豊富にお水が出せます。

 

家庭によりそれぞれとは思いますが、1日約200リットルのお水を排水しているそうです。河川の汚れは、工場排水がしていると思ったら違うんです。

家庭排水が7割も占めているんですってエッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?

味噌汁1杯(200ml)河川に流したら、フナや鯉が住めるようになるには、7000倍の水が必用とされます。

驚きませんか?何気なく捨てたその一杯が、環境にこれ程負担をかけていたなんて・・・

私達は、水を守る為に何ができるんだろう?

    1.水の危機を知る。

     遺伝子を変質させる、ダイオキシン。発がん性物質の、トリハロメタン。

     このような物質が、水を汚染しています。

     その結果、生態系が侵されつつあるのです。

    2.節水を心がける。

     頻繁に蛇口を締める癖をつけよう。

    3.野菜くずや食べ残しは流さない。

     買ってきた食べ物を30~40%生ゴミとして捨てているそうです。

     ゴミは、流さないようにしましょう。

    4.洗剤・石鹸・シャンプー・洗顔せっけんなどの使用料を少なくする。

     私達は、キレイ、清潔に過敏になっています。

     でも、今でも世界の8割が石鹸を使っていないそうです。

     環境に配慮した石鹸を選び、さらに使いすぎに気を付けたいものです。

    5.米のとぎ汁は、花の水やりに使用する。

    6.雨水、お風呂の残り湯は、再利用しよう。

     雨水は、蒸留水であり非常に綺麗な飲水のはずでした。

     大気中の有害物質が溶け込み汚染されてしまっている現実を

     考えて行かなければなりません。